破産宣告を受けた場合どの程度の失うもの(デメリット)がありうるのかは、自己破産を検討してみた方にとって知っておきたい知識だと考えられます。以下に破産認定者の受ける損失についての内容を列挙形式にします。・地方公共団体の破産者の一覧に書かれます。※国の身分証明書を給付するための文献ですので普通の人はチェックすることができないし免責の認定がもらえれば消滅します。・官報上に記録される。※市販されている新聞とは別で普通の書籍店には販売されませんしほぼすべての方々には関係性のないものであると思われます。・公法における資格限定。※破産者になってしまうと法曹関係者、行政書士、税理士などの有資格者は資格失効になってしまい実務をすることができなくなります。・私法でのライセンスの制限。※自己破産宣告者は後見者、連帯保証役、遺言執行役を請け負うことが認められません。加えて、合名会社、合資で作った会社の雇用者それと株式の企業、有限企業の取締クラス、監査役員は退任理由となってしまいます。・携帯ローンやクレジット機能を使うことができません。さらに、破産管財人が入る事件の際、下記の限定も与えられます。・破産者の所有物を自在に維持、放棄することができなくなります。・破産管財担当者や債権保持者団体の呼び出しを受けて詳しい対応をしなければならなくなります。・裁判官の認定なしで住居の変更や長めの遠出をすることは許されません。・必要と認定した状況では当人が捕縛されるケースも存在します。・郵便物は破産管財を行う者に配達され破産管財者は届けられた送付品を開封権限をもちます。今まで述べた以外の破産者の不利益について、通常誤解がある項目を箇条書きにしました。1戸籍情報また住民データには載りません。2組織は自己破産を根拠にクビにすることはできないです。※原則、当人から告白しないかぎり勤め先に伝わることはないでしょう。3選挙権限や被選挙の権利などの権限は剥奪されません。4保証役ではない場合は、血縁関係者に返済責任はないです。5必要最低限の生存に必要な家財一式(パーソナルコンピューターデジタルテレビを含んで)着用品などは差し押さえられないです。自己破産した人の困難についてあげてみました。破産の申請をすれば借金はまっさらになるとしても上記のようなデメリットもあります。自己破産を考慮する上で、利益も不便性きっちりと検討した方がよいと考えます。