個人が破産を要請するまでの期間は負債者当事者に直接の電話を使う取り立てとその人の住居への訪問によった取り立ては法律無視でないということです。自己破産の手続きに入ったあと実行までに長い時間があった場合では債権人は強硬な取り立てを実行する危険性が増えます。債権保有者側としては債権の払込もされずにさらに自己破産といった法律上の対応もされないという状態であれば会社の中での処理をなすことが不可能だからです。それと、債権保持人の過激派はエキスパートに結びついていないと気づくとけっこう無理矢理な取り立て行為をしてくる企業もいるようです。司法書士事務所あるいは弁護士法人に助力を求めた際には、各々の債権者は当人に対し直接集金を行うことが不可能になります。依頼を把握した司法書士もしくは弁護士法人は依頼を担当するという中身の文書を各取り立て業者に送ることになり各債権者がその通知を見た時点で債務者は取り立て会社による収金から逃れられるのです。付け加えると、取り立て業者が仕事場や本籍地へ行っての収金はルールで禁じられています。貸金業の登録が確認できる業者であれば仕事場や本籍地へ訪問する集金は法に抵触するのを理解しているので違反だと言ってしまえば法外な集金をし続けることはないと考えられます。自己破産の申請後は、当人に向かった返済請求を入れて、すべての返済要求行為は禁止されていますから債権者による収金行動はすべて消えてなくなるということです。しかしたまにそれを知っていて電話してくる取立人も存在していないとは言い切れません。事業として登録を済ませている企業ならば破産に関しての手続き後の返済要求が貸金業法規制法のルールに反しているのを分かっているので、違反であると伝えれば、そういう取り立てをやり続けることはないでしょう。とはいえ、ブラック金融という俗称の取り立て業者においてはこの限りとはならず過激な集金のせいで被害事例が減少しないのが現状です。闇金融が取り立て企業の中にいるかもしれない際にはどんなときであれ弁護士の人それか司法書士事務所などの専門者に連絡するようにするといいでしょう。