週刊誌の折込広告、ゴシップ紙、繁華街に張り付けられた宣伝チラシやダイレクトメールなどで、「負債の効率化いたします」「債務をひとつにしたくないですか」といった広告を閲覧することがありますよね。このようなものは、「片付け屋」「買取専門屋」「紹介者」と呼ばれる業者の宣伝のときが存在します。これらを申し込んだ場合は自己破産申し立て手順の中で最優先の免責認可を受けられなくなる恐れもあります。「整頓人」はチラシなどで多重負債者を引き寄せ常識外の料金を要求して負債整頓をやりますが債務整頓は行われないで、依頼者はより一層の借金スパイラルに堕ちてしまうときがほぼすべてと予想されます。「買取業」とは負債人のクレジットカードで、デジタル用品、新幹線の利用券を限界まで仕入れさせ、負債人からそういった品を定価の30%から額面半額で買い上げるという手法を使っています。そのときは小金が得られますがカード業者によって商品の売値の督促が送られてきて、本当は負債を上乗せする結末で終わります。この場合、クレジットカード業者への犯罪行為とされてしまい免責が受けられなくなります。「つなぎ屋」では名の知れた消費者金融から拒絶された債務人に対して、直接の資金提供はしないで、融通を受けられる別の店を教えて、法外な料金を要求する企業です。紹介者は自らの努力で融通可能になったように会話しますが、本当は何もしておらず、審査の甘めのサービスを分かっているだけというやり口です。この場合だと結局のところ借金額をアップさせることとなります。