民事再生による整理は住宅のローンを含め多重債務に苦しむ個人を対象として、住んでいる家を維持しつつ経済面で再生するための法的機関を通した債務の整理の手段として平成12年11月に適用された手段です。この制度には、破産手続きとは異なり免責不許可事由がありませんので、散財などで借金をした場合でも手続きは取れますし、破産申告が理由で業務停止になるようなポストで生計を立てている人でも手続きが可能です。破産申告では住んでいるマンションを保有したままにすることは不可能ですし、任意整理と特定調停では元金は払っていかなければなりませんので住宅ローン等もある一方で支払うことは現実問題として簡単ではないと思われます。ですが、民事再生による処理を選択することができれば、住宅のローン以外の借金は多くの金額をカットすることも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅ローン等を返しつつ債務を支払い続けることもできるといえます。とはいえ、民事再生という選択は任意整理または特定調停等とは異なってある部分だけの借金だけを除外して処理することは不可能ですし、破産申告に適用されるように元金が消えてしまうのではありません。さらには、別の解決方法に比べ手順がめんどうで時間もかかりますので、住宅ローンなどを組んでおりマンションを維持する必要がある場合など以外で破産手続きのようなその他の方法がとれない場合だけの最後に考える処理と考えるのがいいと思います。