破産申告で抱えている債務に関してその保証人となる人が存在する場合は事前に話しておくべきでしょう。ふたたび、強調させていただきますが債務に保証人を立てているときは破産申告の前段階でちゃんと考える必要があります。その理由はみなさんが破産宣告をして免除がおりると保証人がみなさんの負債をいっさいがっさい支払う義務が生じるからです。ですから、破産以前に保証する人に至った経緯とか今の状態を報告し謝罪をしておかなくてはなりません。これらは保証してくれる人の立場で考えると当然必要なことです。友人等のあなたが破産の申告をするためにまったなしに多額のローンがふりかかってくるのですから。そうすると、以降のその保証人の選べる手段は次に示す4つです。まず1つめですが、保証人となる人が「みな払う」ことです。保証人が債務を苦労することなく返済できる貯金を所有していれば、それができます。でもその場合あなたは破産せずに保証人である人に立て替えを依頼してこれからはあなたの保証人に定期的に返済をしていくという方法も取れると思われます。保証人が借金をした人と関係が親しい場合は、少しは期日を繰り延べてもらうことも可能かもしれません。耳をそろえて返済不可能だとしても相談で分割に応じることもあります。保証人にも破産による整理を行われると、お金が全然手に入らないリスクを負うからです。もし保証人がその負債を代わりにまかなう財産がない場合は、あなた自身と同じように何らかの方法での債務の整理を選択することが必要です。続く選択肢は「任意整理」による処理です。この方法は債権者側と話し合う方法によって、おおよそ5年弱の期間内で返済する感じになります。弁護士にお願いする場合の費用の相場は1社ごとに4万。全部で7社からの負債があるとしたら28万円ほどいります。当然相手方との話し合いを自分でチャレンジすることもできますが、この面での経験がない素人だと向こう側が自分たちに有利な提案を提示してくるので、気を付ける必要があります。それと、任意整理で処理する場合は保証人にカネを払ってもらうことになるわけですから借りた本人は長くかかるとしてもあなたの保証人に返していく必要があるでしょう。続いて3つめは保証人である人もあなたと同様「破産宣告する」ということです。保証人となる人も破産した人とともに自己破産を申し立てれば、保証人である人の借金も返さなくて良いことになります。ただその場合は、その保証人が戸建て住宅などを登記しているならば所有する個人資産を没収されますし、証券会社の役員等の職業についている場合などは影響が出てしまいます。そのような場合は、個人再生という制度を検討するといいでしょう。では4つめの選択肢は、「個人再生制度を使う」こともできます。マンション等を処分せず借金の整理をしていく場合や破産では影響が出る職業にたずさわっている場合に選択できるのが個人再生による処理です。この方法の場合、自宅は処分が求められませんし、破産申し立てのような職業の制限、資格に影響する制限が一切ありません。