特定調停も任意整理による方法と同じく各貸方に対して支払いを続けることを選択した債務整理の手順になります。わかりやすくいうなら裁判所が処理する任意整理と考えればいいでしょう。この方法も任意整理とほぼ同じく自己破産手続きと違って一定のお金だけを整理していくことになるので他の連帯保証人が関係している契約を別として整理する際や自動車ローンの分以外だけを手続きしていく場合などにおいてでも検討することも可能になりますし資産を放棄することは求められませんので、貴金属や戸建て住宅などの自分名義の資産を持っていて手放したくない場合にも有力な選択肢になる債務整理の手順です。しかしながら、これから返済する額と可処分所得をかんがみて、おおむね返済の目処が立つのであれば手続きを取ることは可能ですが破産宣告と違って返済義務自体がなくなるわけではありませんのでお金の金額がかなりになる場合には、実際に手続きを実行するのは難しくなるということになります。この手順は裁判所が中に入るので弁護士等にゆだねなくても立場が弱くなってしまうことはないという点や手続きのためのコストを圧縮できるという良いところはありますが貸方からのきびしい催促に対処することになることとか、実際に裁判所に何度かおもむくことになるというような要素もあります。くわえて、任意整理による手続きとの比較になりますが、この方法により和解が成立しないといった場合は年利をすべて付けた形で支払っていく必要があるということや結果的には債権者に払っていくお金が任意による整理に対して割高になることが多いというようなデメリットもあります。