任意整理というのは一般的に負債整理と呼んでいてそれぞれのお金の貸し手に対し返金を続けることを選択する借金を整理する選択です。その流れですが司法書士事務所とか弁護士がお金の貸し手と債務者の中に入って法律に従って利息の再計算をもとに再計算した借入金の元金についての利子をカットした方法によって3年ほどの期間をめどに返済をしていく借金整理の計画です。この手続きの場合には各裁判所などといった国の機関が関係することはないのでそのほかの計画と比較した場合手続きを行った際のデメリットとなる点が小さく、過程そのものが依頼者にとって一番ストレスになりませんので、まずここから考慮する必要がある手続きでもあります。それに、債権者がサラ金業者のようにとても高い利息だったら利息を制限した法律が許す貸出金利に追加して払い込んだ借入金利にあたっては借入元金に充当できると判断されもととなる元金自体を少なくしてしまうことも可能です。つまりは、サラ金業者に類する法外な利子のところに対しある程度長い期間返済している例では一定の支払額を減らすことができるようなこともありますし10年以上続けて返済してきたケースでは元金自体が消化されてしまうようなこともあります。任意整理の利点を挙げると、破産宣告とは違い一部の負債だけを処理することになるので、他の連帯保証人が付く借入金を除いて手続きしていく場合やクルマのローン以外だけを処理したい際などにおいてでも検討することが可能ですし全ての資産を手放すことは求められませんのでクルマや土地などの個人資産を持っているものの処分してしまいたくない場合においても有力な選択肢になる借金整理の手続きとなっています。いっぽうで、これから返済する額と現実の所得を比較検討して常識的に見て返済の目処が立てられるようなら任意での手続きを取るほうが良いですが自己破産のように負債そのものが消滅するという意味ではありませんので、借金の量が巨額な場合などは、実際問題として任意整理にての選択をするのは容易ではないということがいえるでしょう。