任意整理は一般的に債務整理というようにも言われていておのおの債権者に対し借金の支払いを継続することを前もって決めた借金を整理していく選択肢のことです。実際の流れですが、司法書士の資格者あるいは弁護士が債権者と借り手の仲介をして示談をして利息に関する法律に従って利息の引き直しをもとに再計算した借りたお金の元金についての年利を減らす方法で3年くらいの時間をめどに返済を完了する債務の整理の方法です。この手順を踏む場合は簡易裁判所のような国家機関が関与することはないので別の手続きと比べたときに、手続きを取った際における不利な点が小さく方策が依頼人にそんなに頭の痛い問題にならないことから、一番初めに選択するようお勧めする方法といえます。貸し手がサラ金といったとても高額な利息だったら利息を制限した法律が明記している金利などを超過して振り込んだ金利分は借入元金に充当できると考えて借入元金自体を減らしてしまうこともできます。つまり、ヤミ金業者のような高額な年利を取るところに対しある程度長い期間返しているケースだとかなりの金利分を減らせる可能性もありますし10年以上続けて返済を続けているケースだと負債自体が消滅してしまうようなこともあります。任意整理の利点についてですが、破産申告と違い一部のお金のみを整理していくことになりますので、他に保証人が関与している借金以外だけで手続きする時や自動車ローンの分以外について検討していく場合などにおいてでも使うことが可能になりますし、財産を手放してしまう必要がないのでクルマや土地などの自分名義の資産を所有しているものの放棄したくない状況であっても選択肢になる債務整理の手順になります。いっぽう、後々の返済に必要な額と現実として可能な所得額を検討し、常識的に見て返済が見通せるのであれば任意整理の手続きを進めることは問題ありませんが破産手続きと違い返済義務が消滅するわけではありませんので、借りている額が大きい状況では、実際問題として任意での整理の選択をするのは容易ではないということがいえるでしょう。