キャッシングの契約をする際には、本人を確認するための書類が必要となってきます。

その本人を確認するための書類として代表的なものが、パスポート、運転免許証、そして健康保険証です。

このなかで、健康保険証は他の2つの本人確認書類と決定的に異なるところがあります。

それは、本人を確認するだけでなく、職業を証明する書類でもあるということです。

それは一体どういうことなのでしょうか。

よくわからない場合はアコムの借り入れへご連絡下さい。

健康保険証には、大きく分けて3種類あります。

こちらの楽天の借り入れのHPをご覧ください。

それは、国保、社保、そして共済です。

このうち社保は、主にサラリーマンが加入している健康保険です。

そして共済に関しては、公務員が加入している健康保険です。

この2つの健康保険証は、サラリーマンもしくは公務員であることを証明する書類でもあります。

お悩みならばモビットの借り入れの資料をご覧ください。

キャッシングの際にはこれは大きなアピールポイントとなりますので、是非本人確認書類として提出をしましょう。

国保に関しては、保険料を納めていることを証明しているに過ぎませんので、他の健康保険証ほどの効き目はありません。