ノートパソコンの画面の前で、休むことなく動いている相場を見ているとどことなく取引をしなくてはいけないという抑えようの無い感情が沸き起こる人も多いと思います。一人暮らしの生活費

だがしかし、漠然とした感覚で注文することだけは絶対にしてはいけません。マユライズ

ご覧の通り、市場は終日、いかなる時でも外国為替市場は開かれているし、為替相場も休みなく、変動している。リプロスキン 体験談 嘘

しかし、だからといって何度も売買をすると、その回数だけ損をする確率が上がってしまいます。ローン残ってる 廃車

当然の事ながら、売買の回数を積み重ねる事で、トータルで利益を上げられる可能性が半々に近づくのは事実です。ダニ取りロボを公式サイトで買う

しかし「なんだか分からないインスピレーションでエントリー」してしまうこととは話が異なります。ゼルタイン

エントリー回数を増やす意味というのは、自ら「ここはいける」と考え付いた勝機を得た状態でのトレード回数を重ねるという事です。ひよっこいいm

理由がなく、トレードを繰り返すのとは明確に異なります。キュウレンジャー 動画

市場の駆け引きに敗北しないためには、自ずからメリハリをつけることが必要です。ゼロファクター 足

「ここがチャンス」とよく考えた外国為替相場の時にはいっそ持っているポジションを買い増して、利益を求めます。ワキガ 治療 切らない

「悩ましい外国為替市場でどう動くのか考え付かないな」と思ったならば、諦めて所有ポジションをひとつ残さず諦めて何もしません。

それくらいのけじめをつけた方が、最終的に売り買いは勝利します。

為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

まさにその通りだと思います。

FXとは、いつも売買ポジションを持つことが大事ではなくどの売買ポジションも保持せずじっと見ていることも場面によっては必要です。

じゃあ、どのタイミングで休む必要があるのでしょうか。

ひとつめは、先述した通り、これから先の市場が今ひとつ難しいときです。

どうなるのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自分の考えた筋書きとは異なった方向に外国為替相場が動いてしまい、損をする事になります。

こういう場面ではポジションを整理してそのまま何もしないで様子をみるのが最善の策です。

次に、あなたのコンディションがすぐれない時です。

体の具合と外国為替市場に関係しないと考える方もいると思いますが実際には思ったより影響を与えます。

体の状態がよくなければ外国為替相場の肝心な状況で正しい決断ができない。

興味がわかない時はトレードから離れてみるのも大切な事です。